なぐりガキMY VISION

不思議な日常を書き連ねます

実習を乗り切るために 〜オタク看護学生の生きる道〜

みんなー! アイドルは好きかー!

 

みなさん! 実習苦しいですよね!!!

私はとても苦しかったです!!!!

苦しい中でも生きていく上で必要なこと···睡眠、食事、友達と話す、酒、恋人、などなど···

いやいや! それも大事ですが!!

推しを見て心の安定を取り戻す!!!!

これが1番です!!!! 

※あくまで主観ですが

実習はもちろん大切! 終わらないと卒業できないし! 資格取れないし!!!

だがそれで心の安定が壊れるのは意味なし!!

学びを得ることはもちろん、メンタル崩壊することなく実習を終える!

そして無理しない程度に後悔なくオタ活をする!

これが大切だと思ってます!!!!

 

そのためにはどうするべきか。

約1年間実習していった中で、思ったことや経験したことを書いていこうと思います。

ちなみに私はジャニーズとハロプロのオタクで、ライブは1ツアーに1回行く程度です。

 

1.趣味断ちはしない

どの程度オタクしてたかによりますが···

でも、好きなものを見ることですごく元気になります! オタクの皆様は当然知っていると思いますが!

コンサート、イベント、番組、ゲームなど···

何もなかったら出来たであろうことが実習中だから全く出来なかった、というのはストレスがすごいです。

実習に支障が出るなら多少は減らすべきですが、断つほどではないと思います。自分をコントロールすることが大切!!

余談ですが同じグループでゲームしすぎて記録終わらせれず、単位が危ういと脅されてた人がいました。気をつけましょう···

 

2.コンサート・イベントは行く

支障がなければ! ですが!!!

休日など、支障がなければ行きましょう!

行くことを目標に頑張れます! 終わったら元気をもらえます!

ただ日程決めるときには実習予定を見ながら、先輩に実習の様子を聞きつつ! ←これ大事!!

私も苦しいと言われている実習中の土日にモーニング娘。のコンサートが近くであったのですが、やめました。

実際かなりきつく、休日は勉強してひたすら寝るって感じだったのでやめててよかったなぁと思います。行ってたら体力もってかれてやられてた。

 

3.もし大切なイベントがあれば多少無理しても行こう

私は実習中にKAT-TUN復活、推しだった尾形春水ちゃんの卒業、関ジャ二∞が6人になる、という大きな出来事がありました。そのため

・実習中の金曜(学内実習の日)に東京に飛び、     KAT-TUN東京ドームへ入る

・実習中の平日にライブビューイングへ行き、推しの卒業を見届ける

・実習記録提出後ナゴヤドームへ行き6人になった関ジャ二∞を見る

ということを成し遂げました。

「オタクの鏡」と呼んできた子もいました。笑

 

関ジャ二∞については実習終わってたのでそんなに影響なかったです。バイト出来ないため金銭面の問題はあったけど。

KAT-TUNは学内実習が何時からかによって開演に間に合わない可能性があるというReal Faceっぷりだったので、かなりヒヤヒヤしました。(実際グッズ買えるか少しギリギリだった)

はーちんライブビューイングは、うん···。実習が1週目ではなかったため、平日の夜でも行けました。はっきり言って無茶です。ちなみにオタクの鏡と言われたのはこの時です。笑

 

色々ありましたし無茶もしましたが、行ったことに後悔はないです。ただそれで支障があるのはよくないので、あらかじめの埋め合わせはしておきましょう···!

 

4.オタク同士で話をしてみる

私は同じグループに2次元好きな子が結構いまして···分からないなりに話を聞いてみるのは楽しかったです。

あと、何かあったときに背中を押してくれるのはオタクです。笑

ライブビューイングの時も「行け!!!」と言ってくれた子が結構いました。

同じ系統のオタクはもちろん、違うことが好きなオタクとも話をしてみるのも面白いです。

 

5.自己管理する

結局これが1番大切!

いくらオタク趣味でメンタルバランスを取っているとはいえ、元を正せば学生です。

本来するべき実習が疎かになっては元も子もない。

同じグループの2次元オタク(某刀ゲーム等が好きらしい)子に言わせると

「記録終わってねぇ奴がゲームするんじゃねぇ」

ということです。また、

「走ることが許されるイベントは推しのイベントのみ」

とも言っておりました。

息抜き程度に留めるの大切。(切実)

 

 

おわりに

オタクが実習を乗り切るために必要なこと、それは好きなものによってメンタルを保つということです。

そして実習が1番大切であるため、オタ活は適度にすること。

先程出た2次元オタクの子に言わせれば「ゲームできるってことはまだ大丈夫、本当にやばいとゲームしようという発想がなくなる」ということでした。

まあこれはゲームばかりで実習がおろそかになっていた人に送った言葉ですが、どのオタクにも言えることです。

本当に心がやばくなると何も考えなくなります。○○見て心落ち着けよう!とかいう発想さえも消えます。

なのでその前に!! バランスとって実習もオタ活も頑張っていきましょう!!!

目指すは切り替えのできるオタク!

ご清聴ありがとうございました!!!

看護学生の実習を振り返ってみる

卒論おわりません、ちゃこです。本当にやばいので頑張ります。

 

ところで先日、天候の影響などで日数が減ったりしながらも約1年間あった領域実習が終わりました。

 

ざっくり!感想書いていきます!

参考にできないと思いますが、あーこんな感じなのかーと思って貰えると嬉しいです。

 

成人(慢性)

実は1番最初が慢性期でした。

最初だったのもあって、1週目は慣れなくて辛かった。日々のケアや記録もだんだん同じことの繰り返しになり、永遠に終わらない気がしていた。

 

成人(急性)

実習病棟の中でも特に入院患者の回転が早い病棟だったため、受け持ちが何回も変わった。たぶん同じ時期に実習してた人の中で1番受け持ち人数多い。容態の変化が早くてついて行くのが大変だった。

実習以外でもわりと色々事件が起こっており、記録をやらない人と忙しいアピールする人が嫌いになった。

 

精神

先生にストレスに弱い人だと思われたのか、緩めのところに送り込まれた。

他の学校の人と一緒だったため、色々話できて楽しかったなーという記憶が強め。

始まるまでは「私もしかしたら精神看護向いてるかも」と思っていたが、違ったらしい。

 

母性

なぜか前評判がめちゃくちゃ悪かったため、あまりいいイメージ持たずに行ったけど想像以上に楽しかった。記録がそんなに苦痛でなく、興味あることの勉強は楽しいということを21歳になってようやく知る。

先生と反りが合わず、1回バトった。(その後用事があって話をしたらいつの間にか和解していた模様)

 

小児

案外楽しかったけどなんか違った(2回目)。人見知りを存分に発揮していたため、実習先からはおそらく消極的でやる気のない人間だと思われている。子どもが元気すぎてびっくりした。

ここでも先生とバトる。(そして和解せずに終了)

 

在宅

割と楽しかったターン。しかし時期が真冬だったため早起きがとても辛かった。移動も辛かった。あと毎日行く場所が変わるのが人見知りには大変なこともあった。

ペアを組んで実習をしていたが、1度相方がマンガのような電車の乗り遅れ方をする。

 

老年

行った施設の方が良い人ばかりだったため、ストレスは1番なかった。そのため良くも悪くも語ることがない。たまに無茶振りされることがあって、それにびびっていた。

 

···ストレスかかってたんだなぁ。笑

わりと忙しい、大変だと言われるものが後半に集中していたため、後半は死んでました。(日々落ち込み具合がひどくなって、覇気がなくなってると言われた)

実習だけでなく推しの卒業が重なって瀕死状態が続いていたときもあり、ストレスは人を変えることを身をもって学びました。

 

あと強く思ったのは本当にメンバーには左右される!!! 

私の属していたグループは最後なんとなくまとまったのですが(理由はよく分からない)、戦争が起きたグループもあり···

実習中もお互い相談することも多かったため、そういったことがスムーズに出来ることでストレスも軽減されるのではと思います。

あとは時間を見つけて友達同士でご飯を食べるなど息抜きするのがよかったです。

 

看護実習は地獄ですが、終わります!!

少しでも学びがあり向いてることが分かれば理想ですが、難しいです。笑

今実習中の方、自分のメンタルが死なない程度に頑張ってください( ..)"

領域実習がほぼ終わりました

久々にバッサリ髪切りました、ちゃこです!

5〜10センチは切ったつもりだったのですが切った後の姿を見た母親の感想は「それだけ? 全然切ってなくなーい?」でした。いやけっこういったよたぶん。

 

そんなこんなで、看護学生としてするべき領域実習が無事に終わりました! まあ厳密にはまだ出していない記録あるし、まとめの時間があと1回あるし、単位もちゃんと出てる訳では無いので終わったかは微妙ですが!(単位は何も言われていないから大丈夫と信じる)

いや〜長かった! もう毎日お団子しなくていいんだ! 死んだような顔で実習先に行かなくていいんだ!!! 神か!!!

って気持ちでいっぱいです。まあこんなこと言っててもいずれ働かなきゃいけないんですけどね。笑

 

途中に休みを挟みつつもほぼ1年間、色々なところを転々としながら実習した訳ですが。

体力的にも精神的にも苦しい時間が多かったですけど、終わることに少し寂しさもあります。

実習前は、将来とか実習の時にやりたいこととか希望する配属科とか全くなくて、私これで働いて大丈夫···?夢ないけど···って思ってたんです。でもやりたいことが少しずつ分かってきたり、逆に興味ないことが何かも分かったのでよかったなぁと思います。

 

さあ、これから卒研と国試です。

終わっても追い立てられるのかと思うと理不尽だなぁと感じますが、もうひと踏ん張りしようかな···頑張ろう···

1年経ちました

f:id:mm_kj:20180609075902p:image

 

いつのまにかブログを書き始めて1年になっていたみたいです。時が経つのは早い···

 

この1年色々あったので、まあ総括すると楽しかったかなぁと···

ちょくちょくブログにかけるようなことがあってよかったなぁと思います。

 

1年前の自分になにか言えるなら

「お前の推しが卒業することが決まって、実習の合間に福井や広島飛び回ってるぞ」

とだけ伝えたいです。

ということで、尾形春水ちゃんのイベントに行きます。

初握手だ! 待ってろはーちん!!!

尾形春水に会いに行きました

いつの間にか6月になってしまいました。

1ヶ月ほどブログを一切書いていなかったのですが、その間に実習が1クール終わったり突然激しく進路変更したりなど色々ありました。(詳細はまた書きます、きっと)

 

さて、先日のモーニング娘。’18 福井公演に行ってきました。

本当は今回のツアーに行くことは全く予定していなく、場所と日程の悪さから完全に干す気でいました。ハロステのロマンスに目覚める妄想女子の歌の映像を見ながら、あぁ〜行きたいなぁ〜!!って思いを馳せてるくらいでした。

ところが、我が推しメン尾形春水ちゃんの卒業が発表され、このツアーに行かないすなわち二度と歌って踊る尾形春水を見れない、という事態になりました。

となると、行くしかないのか。

そんな考えからチケット取れてかつ行けそうな日を見ると福井と金沢くらいしかなく、色々みて福井にしました。

図らずともホール最終日。遠征で来てるのかな?って人も多かったです。

 

私は昼公演に1人で入ったのですが、両隣は2つ分席をとってペンライト振り回してる人と4つ分席をとってすべて振りコピしてる人でした。カオス···

やべーじゃんこれって笑ってましたが、始まった途端に私も最初2曲ぐらいボロ泣きしていたので、後ろから見てただただカオスだっただろうなと思います。

 

色々言いたいのですが、福井まで行ったことは後悔してません! 推しに会いに行けてよかった。

大好き!! だ!!!

KAT-TUN復活!

クソ忙しい中、東京へ飛んできました。

KAT-TUNが復活するので!!!

私はこの日のために! この日をメンバーと共に過ごすために! FC会員となりお金を落としてきたので!!!

忙しいけど無理して時間作って行ってきました、ゼミあったのサボっちゃたけど。

 

とりあえず、一言にしますと

KAT-TUNすげぇ···

世界観も作り込まれているし、3人でも歓声の渦にしているし。

普段大人数のグループに見慣れているもので、少ない人数であってもドームという広い空間をKAT-TUN色にするのは本当に凄いことだし、一種の才能だと思います。

あと、特効の多さ!!!!

天井席だったのですけど、とにかく派手。

離れて見ても楽しめる、というより離れて見るからこそ楽しめるものだと思いました。

関ジャニ∞あんなに花火使わないよ···

 

クオリティはとても高かったしさすが完全復活、さすがKAT-TUN

デカくなって帰ってくる、という言葉に責任持って有言実行してくれるあたり本当に流石です。

こういうKAT-TUNが! 好きなので!!!

 

個人的に、亀梨くんがとても楽しそうだったのが印象的でした。

グループの顔でエースだけど、やっぱメンバーといるのが1番安心するよね···ドラマやソロコンもよく頑張ったよ···

中丸くんや上田くんも楽しそうで、オタクはとても嬉しかったです。

MCもいつも通り騒がしいし、天の声は来るし!笑

 

また、ダンスナンバーが多かったです。

ダンスしないグループを見慣れているせいで、この人達ずっと踊ってない?大丈夫?体力ある?、と無駄な心配をしてしまったりしました。笑

そして、センターがよく変わるなという印象もありました。

個人的に上田くんセンターが割としっくりきたし、そもそも誰が立っていても違和感なかったのでこの体制で続けていただきたいなぁとしみじみ。

 

そして! ツアーが決まりました!

ドームじゃないのが少し残念ですけど、より近くでKAT-TUNと会えるのはうれしい限りです。

(でもなぜ西日本は大阪と福岡だけなのか、もうちょっと頑張ってくれると嬉しかった···)

次も行くぞー!

 

そして最後に改めて。

KAT-TUN充電完了おめでとう!

最強になって帰ってきてくれて本当にありがとう!!

 

岡本圭人くんの大学退学に思うこと

注:この記事はしがないクズ看護学生が岡本圭人くんへの怒りを書き溜めたものです。支離滅裂ですし、あまり見たくない方はそのまま回れ右でお願いします。

 

非常に忙しい時期なのにまたここにやって来ました、いつのまにか実習は始まっております。

実習先では他の学校の実習生に対してうるせえ!と思ったり、あぁもうすぐ私もこっち側の人になるのかと思いを馳せたりしております。

 

そんな大学4年生、実習に就職に国試に振り回される日々です。

忙しいけど友達と話すのは楽しいし、この学部を選ばなければできない体験も出来ているし、苦しいことは多くても大学進学を選んでよかったなと思ってます。

 

今日、記事で岡本くんが上智大学を退学したと知りました。(公式発表ではないのでリンクは貼りませんが···)

個人的に、かなり絶望しました。

なぜ卒業まで頑張れなかったのか、そしてどうも退学処分のように見受けるので何をしてそうなってしまったのか。

時期も違うし学部も違うし比べるものでもないのは分かっていますが、伊野尾くんが4年で卒業できたのにどうして圭人は出来なかったのか。

 

圭人はみなさんご存知の通り留学経験もあり、かなり英語はできます。

かなりというのが具体的にどの程度なのか私はよく知らないのですが、上智に入ろうと思うのだから相当なのだろうとは思います。

自分の特技を活かし、伸ばすためにはとてもいい進路選択だったと思います。

 

私は、大学の中でも忙しい部類に入るであろう看護学部に通っています。

時期によっては座学で毎日フルコマですし、今は実習で病院や施設に毎日行っています。

バイトしかしてない普通の大学生の私でも忙しくて苦労するのに、もしこれで私の顔面が素晴らしくて才能もバリバリあって芸能活動をしていたら、忙しくて死んでたと思います。

確実に、事務所にスケジュール調整してもらわないと身体も壊すし、卒業も出来ません。

圭人も学部は違いますが、きっと同じだと思います。

学びたいことはある、けど仕事と折り合いをつけるとどうしても物理的に不可能なものが出てくる。

事務所もそれを分かった上で圭人の仕事をセーブして、大学生活をスムーズに送れるようにサポートしていたのではないかなと思います。

伊野尾くんをはじめ小山くん、加藤くん、山下くん、通信であったけれども中丸くん、最近では中島くんや菊池くんなど···ジャニーズはわりといい大学に入り、そのままストレートで卒業する人が多い気がします。(山Pとケンティーは留年したけど)

同じグループの伊野尾くんは理系の学部に入り、ゼミもしっかり取り組んで卒論も書いたとインタビューで何度も見かけています。

小山くんなんて大学の時間割を事務所に提出して講義があるときに仕事を入れられないようにしていたそうですし、卒業時には模範賞を受賞しています。

こういった先輩がいたからこそ、圭人に対しても無事に卒業できるよう必要なフォローはしてあったはずです。

ただ、私には圭人は事務所の方が本人のことを思ってしていたことを理解してないように見えていました。

しきりに人気がない、仕事がない、オフが多い、と言っている(あるいはメンバーが言ったりしていた)のを見かけました。

人気がないのは本人の努力だったり、他にも不可抗力な部分もあるのでどうしようもないです。

でも、仕事やオフについての事務所の思いを汲み取っていない圭人が、以前からどうしても許せませんでした。

大学に行ってないという記事を見て、なんで家族だけでなくたくさんの大人が協力してくれているのに、辞めもせずにただ行かないという選択をするのか不思議で仕方なかったです。

もちろん仕事の都合もあるでしょうけど、あまりに意味が分からないことが多く、なんなんだこいつはとまで思う時期もありました。いや、今も思っています。

 

ここまで腹が立っているのは、決して圭人が嫌いというわけではありません。

私はただ、努力した結果自分の好きなことを仕事で出来て輝く圭人が見たかったのです。

経験があまりなかったゆえ目立たず自信も持てず、日の目を浴びづらかった圭人が自身に満ち溢れる姿を見たかったんです。

もちろん大学を卒業せずとも、圭人が努力すればどうにかなるかもしれません。

でも上智卒業という肩書きは強いし、無事に卒業できたということは圭人にとって大きな自信に繋がっただろうと思います。

なかなか自分の殻を破り切ることができなさそうだった圭人が大きく変わるチャンスであり、周囲もそれを期待していたはずです。

 

でも、できなかったのです。

仕方ないことなのは分かっています。

昨年はHey! Say! JUMP 10周年イヤー

夏にはアリーナツアー、冬にはドームツアーがありました。

一昨年はV6と24時間テレビのメインパーソナリティを務めたりし、事務所にもしっかりプッシュしてもらっていました。

おそらくとても忙しかったでしょう。

大学に行く時間もなかったのかもしれません。

でももし、4年間で卒業できていれば···

3年までにある程度単位が取れていれば、4年の時は24時間テレビがあったり忙しかったかもしれませんが、どうにか卒業できていたのではないでしょうか。

なんだかどうしても、こうなったのは必要な努力を怠っていた結果ではないかと思ってしまうのです。

 

偉そうなことを書いていますが、私も決して大学ですごくいい成績を残しているわけではないです。

おそらく下から数えた方が早いし、わりと再試験もかかります。

でも維持でも4年間で卒業する、辞めない、とは決めていてそれだけは守ろうと思いながらここまできています。

クズではありますが、ここまで辞めずにストレートで来れたことには自信をもっています。

 

圭人も何か1つ、アイドル活動以外のことで自信をもってほしかったのです。

英語でも大学でも何でも。

手っ取り早く自信をつけるためにも、ちゃんと卒業してもらいたかった。

学問はマイナスになることはないと思うのです。

 

でも決まったことは仕方がないし、私達が言ってもどうもならないので受け止めます。

事務所的にはセクゾ推しターンになってきて、Hey! Say! JUMPはどこまで自力で頑張れるかにかかってると思うので、圭人個人としてもグループに貢献できるように頑張ってほしいです。時間あるし。

私のようにごちゃごちゃ厳しいことを言う人もいると思いますが、跳ね除けて強くなってもらえればなと思います。